プログラマーを極める!

プログラマーのカリスマを目指して

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

“紅茶市場”新たなファン獲得 多様な風味&健康的 合う料理も提案(産経新聞)

 ティータイムで、スイーツとともに楽しむ紅茶。最近は健康志向と内食傾向の高まりから、各メーカーが新しい味や風味を打ち出し、紅茶に合う料理も提案。コーヒー派の男性など新たなファンも獲得し、普段の食卓に紅茶が欠かせなくなる日も近そうだ。(小川真由美)

[フォト]カフェで食べられるオリジナルデザート「ストロベリーデギュスタシオン」

 ◆ホワイトハウス風味?

 5月25日、シンガポールの紅茶専門店「TWG Tea」が東京・自由が丘に日本第1号店をオープンさせた。世界各国の約260種類の茶葉を常備。茶葉を保管する密閉缶を壁一面に展示するなど高級感も演出する。紅茶の名前も「WHITE HOUSE TEA」や「BROTHER’S CLUB」などユニークだ。

 併設のティーサロンでは朝・昼・夜と時間帯に合わせた紅茶も提案するなど、従来にない幅広い紅茶の選び方の演出が特徴だ。50グラム(ティーカップ約25杯分)から販売し、ティーサロンでもポット1杯分、800円から飲むことができる。

 東京都世田谷区の女性会社員(35)は「ショウガを入れた紅茶など、最近は体調を考えてコーヒーをやめ、紅茶を飲むようになった」。タハ・ブクディブ社長も「新しい紅茶の飲み方を発見してほしい」とアピールする。

 ◆メタボ対策にも!?

 飲料各社も男性向けや紅茶に合う料理を手掛け、いずれも好調だ。

 キリンビバレッジ(渋谷区)は2月、『午後の紅茶』の缶入り紅茶「エスプレッソティー」を発売。先月末現在で145万ケース(1ケース30缶)を売り上げ、新商品では異例のヒット商品になった。高温・高圧で茶葉を抽出することで、紅茶独特の渋みを抑制。コーヒーの定番「エスプレッソ」を前面に打ち出し、“缶コーヒー派”の男性を紅茶市場に引き込んだ。

 さらに最近の内食傾向から、料理研究家のケンタロウさんの監修で、ロコモコ丼やパエリアなど紅茶に合うご飯料理を提案。これに合わせ、今月22日には無糖タイプで、昭和61年の同ブランド創設以来初めての2リットル入りペットボトルを投入、飲料市場で圧倒する緑茶やウーロン茶に対抗意識を燃やす。マーケティング本部の西村努主任は「紅茶を日本の食卓に根付かせたい」と意気込む。

 5月11日に発売されたアサヒ飲料(台東区)の「ティオ」は30代男性がターゲットだ。炭酸飲料や缶コーヒーで培った製法を生かし、複数の人工甘味料を独自に配合することで糖質ゼロでありながら砂糖に近い甘さを実現させた。SMAPの木村拓哉さんを起用したテレビCMも奏功し、発売から2週間で年間目標の約3割を達成。マーケティング本部の岡島徹チームリーダーは「メタボ(リックシンドローム)は気になるが甘いものがほしいという男性にぴったり」と売り込む。

 英国紅茶の老舗ブランドで知られるトワイニングジャパン(港区)は法人のギフト需要が多い乾燥紅茶が不況で低迷したことを受け、個人向けを強化。昨年からは、レモンやジンジャーなどインスタントで複数の味や香りを次々と発売。紅茶に関する知識をまとめた冊子を作成するなど紅茶のアピールに躍起だ。

 ■1~3月 紅茶出荷が伸び率トップ

 飲料総研(東京都新宿区)によると、ペットボトルや紙パックなどの飲料市場で、今年1~3月の紅茶飲料の出荷量は2640万ケース(1ケース=500ミリリットル入りペットボトルで24本など)。前年同期比6%増で、伸び率は全ジャンルでトップだった。前年同期比で出荷量が増えたのは、炭酸飲料と乳性飲料(各5%増)のみ。スポーツ飲料(同91%)、栄養ドリンク(同95%)、日本茶(同97%)などほとんどの飲料は前年より減少。市場全体の出荷量は3億3700万ケースで同98%だった。

【関連記事】
空の上でお茶を飲んでいるよう 中国茶館「無茶空茶」
禁断の女子会のぞき見 田中麗奈、呪文とリプトンで恋愛成就
家で“プチ”ぜいたく 料理教室人気 プロ直伝の味楽しむ人増加
紅茶でも“ゼロ” アサヒ飲料が「ティオ」ブランドを復活
蒼井優が突撃リポーター 「午後の紅茶」で“カフェごはん”
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

大阪市長、ユーストリームで会見中継 画面は暗く、見た人60人(J-CASTニュース)
【小鳩退場】邦夫氏「耐え難い」 「兄弟新党も」(産経新聞)
鳩山辞任 識者談話(産経新聞)
小鳩去って古ダヌキ2匹…丸川議員また過激?発言(産経新聞)
回転ずし店に車突っ込む=客14人重軽傷―大津(時事通信)
スポンサーサイト
  1. 2010/06/11(金) 10:50:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

赤松農相の不信任案、与党の反対多数で否決(読売新聞)

 民主、国民新の与党などは31日夜の衆院本会議で、宮崎県の口蹄疫(こうていえき)問題で「初動の遅れが混乱を招いた」として、野党が提出した赤松農相の不信任決議案を反対多数で否決した。

パラ五輪で金5個の河合氏「みんな」から出馬…二刀流には「NO」(スポーツ報知)
タクシーが炎上、中から遺体見つかる/藤沢(カナロコ)
<軽自動車税>未納者に「納付済み」送付 09年度分で 仙台市(毎日新聞)
<事業仕分け>「各省版」スタート 政務三役の「通信簿」(毎日新聞)
携帯ロック解除、来年4月=義務化は見送り―総務省指針案(時事通信)
  1. 2010/06/01(火) 13:46:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。