プログラマーを極める!

プログラマーのカリスマを目指して

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

<2ちゃんねる名誉棄損>原告、元管理人の印税から賠償金(毎日新聞)

 インターネットの掲示板「2ちゃんねる」上の書き込みを巡る名誉棄損訴訟で、敗訴した掲示板の元管理人、西村博之氏が損害賠償金の支払いに応じなかったため、原告が、書き込みの内容を基にした書籍の印税を差し押さえ、債権とみなして出版社を提訴。和解金の形で「賠償金」の一部を回収していたことが5日分かった。

 原告側代理人を務めた斎藤裕弁護士(新潟県弁護士会)は「西村氏からまとまった損害賠償金を回収した例は、これまで聞いたことがない。同様の被害に遭っている人たちに新たな解決の道が開かれた」と話している。

 斎藤弁護士によると、原告は西村氏を相手に損害賠償金などを求めて提訴。裁判所は西村氏に損害賠償金の支払いを命じたが、応じなかった。このため、書き込みを基に08年に出版された書籍「ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺(おれ)は限界かもしれない」について、西村氏の印税債権を差し押さえ、出版社に印税からの支払いを求めた。

 出版した新潮社(東京都)は、印税の振込先が西村氏個人ではなく、シンガポールの法人が指定されていることを理由に拒否。原告は東京地裁に提訴し、同地裁は09年12月、西村氏が印税を事実上受け取るものと判断、同社に支払いを勧告した。印税の一部の数十万円を支払うことで和解が成立したという。【川畑さおり】

 新潮社は「既に判決が出ている問題であり、本来であれば当事者同士で解決が図られていればよかった」とコメントした。

【関連ニュース】
脅迫:ネットで参院選候補 容疑の男出頭 書類送検へ
名誉棄損:ブロガー情報開示を命令、無罪医師の訴え認める
名誉棄損訴訟:大学教授勝訴確定 セクハラ認めず 最高裁
八百長疑惑裁判:賠償を3割以下に減額 東京高裁判決
名誉棄損:ネット上「深刻な被害ある」最高裁初判断

かわいい孫には大奮発?入園・入学祝いの平均3万8千円也(産経新聞)
空自がメーカーに談合方法指南? 公取委が官製談合を認定(産経新聞)
「ダイエット中だから…」小沢氏告白(産経新聞)
<原爆症>10人認定 甲状腺機能亢進症は初(毎日新聞)
ネットいじめにも対応、45年ぶり指導手引書(読売新聞)
スポンサーサイト
  1. 2010/04/07(水) 03:36:35|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<衆院に会派結成を届け出=たちあがれ日本(時事通信) | ホーム | 「騒音増す」シュワブ地主ら契約更新拒否の意向(読売新聞)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://u0gauaxh.blog107.fc2.com/tb.php/37-17dc7f31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。